オイルなど

クリーンディーゼル用のオイルは規格がやけに複雑で、ガソリン用とは比べものにならないほど選択肢が限られます。

そんな中、比較的新しいブランドで評判も上々ということで、TAKUMIのクリーンディーゼル用がこれに該当し、価格も割安なので試しに購入しました。
ペール缶での購入ははじめてですが、慣れないせいで小分けするにも腰を痛めそうになりながらの悪戦苦闘で、安く済ませるのも楽じゃありません。

写真のペットボトルは1.5L用で、すでに交換で4本弱使用した後ですが、ペットボトルの容量が正しいなら正味21L入っていたことになり、お安い上に+1L得した気分。

粘度は純正指定と同じ0W-30の一択で、それまで5W-35を使っていたため軽快感やレスポンスは明らかに向上し燃費にも多少貢献するかもしれませんが、しっとり感では5W-35のほうが上で、一長一短というところでしょうか。
ちなみに空になったペール缶は、使い道もいろいろありそうで、妙にそそられます。

クリーンディーゼルは、排出ガス浄化のため尿素水と反応させてクリーン化するらしく、およそ10000kmごとに10L継ぎ足す必要があるようです。
給油口の横にアドブルーの注入口があり、9700km走ったところで補充のお知らせが出ました。少し前に購入していたのでそれを入れるだけですが。

ブレーキパッドは純正で27ヶ月/1万キロ近くガマンして乗りましたが、やはりダストの汚れがひどく、ついにDIXCEL-Mに交換しました。

DIXCEL-Mはすでに定評あるパッドで私も経験済みですが、YouTubeにある某ショップの動画によれば、お客さんのポルシェ・マカンに使ったところ、汚れないだけでなく消耗が純正とは比較にならないほど軽微、加えてディスクへの攻撃性も殆どないためディスク交換(ドイツ車はディスクも消耗品と考えられている)も不要となり、それがポルシェともなると10万km走ると、パーツ代+工賃あわせて約100万円近い減収になったとかで、いささか大げさな気もしますが、まったくのホラ話でもないでしょう。
まさに良い事ずくめ、DIXCEL-Mはユーザーの強い味方です。

愛車近影。SUVといえどもシトロエンはやはり街中が似合うような…。

日本配送不可な商品をフランスから輸入する方法

新潟のcongです。ここ新潟も春が来たようで、雪はすっかりと消えました。さて、フランス車乗りでありながら、今までパーツはもっぱら英国やオランダからの輸入に頼っていました。一番の理由は日本人にはハードルが低い英語で対応してくれるということもありますが、彼らが商魂たくましく、海外配送も厭わない点が大きいと思います。しかし、フランス車です。フランス本国には豊富な中古部品などのパーツがあるだろうと思われます。たぶんお宝の山でしょう。これらを購入できたら楽しいだろうなぁと考えたことがこのトライアルの動機です。色々と調べて、フランスの中古部品についてはOpistoがとても面白いと感じました。アドレスはhttps://www.opisto.fr/です。

このサイトは所謂フランスの解体業者のネットワークです。2人のフランスの若者が立ち上げたサイトです。色々な解体業者が自社の解体車や中古部品を登録していて、それを検索・購入できるとても便利なサイトです。しかも、クレジットカードでお買い物ができます。Wiseなどの海外送金サービスが不要なのも助かります。日本でもこんなサイトを業界で作ってもらえば助かるのになぁと感じます。利用方法については先ずはアカウントを作成します。右上の人型のMon compte(マイアカウント)をクリックしてCreez votre compte(アカウントの作成)のparticulier(個人)をクリックします。そしてE-mail、Mot de passe(パスワード)、Confirmation du mot de passe(パスワード再入力)、Prenom(ファーストネーム)、Nom(ファミリーネーム)後は承認事項を3つチェックしてCreer mon compte(マイアカウント作成)をクリックしてアカウント登録終了です。そして、パーツを検索してみます(ちなみに商品検索だけで購入なさらないのならアカウントの作成は不要です)。

ここではシトロエンC6の中古パーツを検索してみました。左上のpieces(部品)をクリックしてpieces auto d’occasion(中古自動車部品)をクリックしてから、Recherche par marque(メーカーで探す)をクリックしてChoisissez une marque(メーカーを選べ)→Citroen、Choisissez une modele(モデルを選べ)→C6を選択します。そうすると300ページ以上ものリストが現れます。ところが、サイトの中央上のLivraison en…(…への配送[配送先の選択])でJaponを選ぶとパーツリストは見事にゼロになります。やはり、日本への部品配送OKの業者はフランスではほとんどありません。今まではここであきらめていました。eBayでもありますよね。Does not ship to Japanという商品が…。しかし、近年、こういった問題を解決する国際転送サービスが現れています。どんなサービスかというと商品を一旦業者が配送可能な国の倉庫で受け取ります。そして、その受け取った商品をサービス利用者の国まで転送してくれるサービスです。これなら、日本に配送不可な商品でも購入可能です。私が選んだ業者はBuyandshipです。アドレスはhttps://www.buyandship.co.jp/です。こちらは日本語のサイトなので使用方法はあえて説明しません。

たぶん、海外の業者でもっと安価な業者があるかもしれませんが、日本語対応が可能な日本の会社を選んでみました(本社は香港ですが、こういた目の付け所やビジネスマインドは中国人はさすがですね)。受け取り倉庫は英国とイタリアがありますが、私はイタリアを選びました。先のOpistoの配送先でイタリアを選んだ場合、業者はほとんど減りません。フランスの業者はヨーロッパ圏内は配達OKのようです。実際にこの方法で希少パーツを購入した方のレビューがみんカラで見られます。アドレスはhttps://minkara.carview.co.jp/userid/768299/car/2685616/5074205/note.aspxです。ただし、国際転送業者は違うようです。激高です。私が選んだBuyandshipは転送料金+日本までの配送料金で英国やイタリアから3lb(ポンド)[1.36kg]まで2,800円で、それ以上は1lb[0.45kg]増すごとに700円追加となりますが、私は比較的リーズナブルだと思っています。今は購入した商品の日本到着を待っているところです。私は目当てのパーツをリーズナブルな価格で購入できて満足しています。ただし、フランス語のサイトはひょっとしたらハードルが高いかもしれません。そんなときは翻訳サイトを活用しましょう。私はGoogle翻訳をお勧めしません。結構、誤訳が多いです。ディープラーニング翻訳をお勧めします。アドレスはこちらです。https://www.deepl.com/です。余談になりますが、その他にも色々なお役立ち記事を自分のHPにアップしています。「ハイドロマニア」で検索、ご高覧ください。

I.F.H.S.のsphereについて

新潟のcongです。さて、I.F.H.S.のsphereはサードパーティー・アフターマーケットsphereとしては最も有名なものの1つだと思います。先にI.F.H.S.のsphereに言及したときに、I.F.H.S.はもうサイトが閉鎖されたのではないのかというご指摘をいただきました。そう言われて、I.F.H.S.をキーワードにネットを色々なサーチエンジンを使って検索してみたのですが、一向にそれらしい会社にヒットしませんでした。もう、ハイドロをシトロエンが止めたので、今後の事業の将来性を考えて撤退したのかもという疑念が頭をよぎりました。しかし、撤退したという決定的な情報もなかったので、ヨーロッパのシトロエンフォーラムで尋ねてみた結果、会社のメールアドレスを聞くことができました。そのメールアドレスにメールを送って会社の状況について直接聞いてみることにしました。その結果、すぐに担当のErick Elsenさんから返事が来ました。
I.F.H.S.のサイトのアドレスはwww.hydraparts.be.だそうです。また、製品の注文はorders@hydraparts.be.にお願いしたいとのことでした。実はI.F.H.S.は卸売会社で同じ住所にあるNV Hydra Partsが製造を担っています。NVはオランダ語のNaamloze Vennootschap(ナームローゼ・ヴェンノーツハプ)の略で日本語の「株式会社」に当たる語です。私的にはベルギーというとフランス語圏という意識がありましたが、Erickさんの名前を見ても分かるようにNV Hydra PartsがあるLummen(ランメン)はオランダ語圏のようです。こちらのHPは更新のため、2022年は2月28日~3月4日、7月11日~7月29日、12月22日~12月30日は工事中となる予定だそうです。さらに突っ込んで質問してみたら、私たちが閉鎖されたと思っていたサイトはたぶん、Hydra Parts社のサプライヤーの1つのHPだろうということでした。私が、メールしたときも、私を日本のパーツサプライヤーの人間と勘違いしたらしく、年間・月間の販売想定数や資本金を聞かれたのはご愛敬でした。メーカーにメールを送ればそう思われても仕方ないですね。さらに調子に乗って、sphereを純正部品としてシトロエン社に納品しているかも尋ねてみました。回答は、単層のダイヤフラムを持つタイプについてはシトロエン社に納めているが、多層ダイヤフラムの製品は違うとのことでした。英仏の掲示板を見るとKYBが多層sphereを作って納めているという噂もありますが、実際のところどうなのでしょうか。ヨーロッパの自動車業界新聞Automotive Europeで日本のKYBがハイドロニューマチックのショックアブソーバーをC6ために供給していると書かれているので可能性は大だと私は考えますが確証はありません。

こちらのリンクをご覧ください。(C6のパーツサプライヤー一覧の記事です)
https://www.autonews.com/assets/PDF/CA3704129.PDF

 最後に教えていただいたのはI.F.H.S.の偽物が流通しているので注意して欲しいということです。下の画像をご覧ください。右と左とどちらが偽物かお分かりでしょうか。

見分けるポイントを教えてもらいました。

1.ねじ溝の形成不良(偽物はねじ山のつぶれが散見される)
2.アウターバイパスワッシャーの厚みの違い(偽物はやや厚い)
3.セントラルダンパー(小さな穴が空いてる部分)の仕上げの違い(偽物は粗い)
4.極めつけは偽物には実際に存在しない品番(XAはXantiaの意味で、50は50barの意味です。しかし、HSはカタログに存在しない品番です)が打たれています。

こちらのリンクがI.F.H.S.(Hydra Parts)のカタログです。

https://skovgaard-schmidt.dk/wp-content/uploads/2019/06/IFHS-cataloog-18-19-LR01.pdf

以上で、どちらが偽物か皆様にも分かったと思います。

 ネット通販で安いものを見つけると嬉しくなるのは、自分もよくあります。しかし、詐欺の可能性もあります。やはり信頼できるお店で購入することが大切ですし、真贋を見抜く目を養うことも大切です。かの国にはこういった偽物パーツが純正・非純正を問わずあるそうで、頭を悩ましているそうです。

 昔、ブランドバッグを買って品質が悪いと文句を言ったら偽物だったというような笑い話がありましたが、あの自動車パーツバージョンみたいな話です。本当に世界は広く、この極東の端っこに住む私たち日本人には知り得ないことも多々あるのだなと思いました。色々と教えていただいたNV Hydra PartsのErickさんに感謝です。

Giuseppe Bazan氏とTecnosir社

フランス・イタリアのシトロエンSMクラブの重鎮であるイタリア人のGiuseppe Bazan(ジョゼッペ・バザン)氏はsphereの頭頂キャップを外して窒素ガスをリチャージできるアダプターを発明した方としても知られています。銀行員だったBazan氏は1983年にDS23パラスを愛車としていましたが、エンジンがブローし、エンジン載せ替えも考えたのですが、ディーラーからSMを勧められて試乗して即決しました。しかし、すぐにサスペンションが堅くなり、それが窒素ガスの不足から来ることが分かりました。そこで、ツールを作ってダイバー用のボンベを使ってsphereに空気を充填しました。それで車の乗り心地はよみがえりました。それをディーラーに見せたら、サンプルのsphereの製作を依頼されて数個の充填可能なsphereを試作しました。それが評判になり、ある1人の青年がCXのsphereにガスの充填を頼みにやってきました。彼はこのsphereを気に入り、協力したいとBazan氏にビジネスのオファーをしました。Bazan氏は銀行家という地位を捨てる気がなかったので、代わりにその青年Carlo Lazzari(カルロ・ラザリ)さんがガス充填可能なsphereを販売し始めました。そして、Carlo LazzariさんとBazan氏の妻のMella(メラ)さん名義で会社Tecnosir(テクノズィラ)を設立しました。そして1986年5月に特許を出願しました。
現在、Tecnosir社のsphere用ガス充填キャップアダプターにはDSやSMの分解式sphere用のValprex 2000-7DSと溶接一体型球体sphere用のValprex2000-9とsaucer sphere用のValprex2000-7C5があります。
私が一番興味があるのがValprex2000-7C5です。

Valprex2000-7DS
Valprex-2000-9
Valprex2000-7C5

ただし、saucerタイプのsphereの場合元々頭頂キャップがないので、sphereの頭頂部にドリルで穴を空けて、タップでねじを切る必要があり、腕に覚えがある人でないとかなり難しく上級者やセミプロ向けです。

その作業動画は「https://www.youtube.com/watch?v=umnd9BWlL1U」にあります。

字幕はスペイン語ですが、字幕なしでも作業の困難さが伝わってきます。そこで、完成品を購入してみたいと思った方は下記サイトをご覧ください。こちらもスペイン語です。

「https://www.clubxantia.es/d/90-kits-de-esferas-multicapa-recargables-originales-citroen-para-xantia-xm-y-bx」

あくまでも個人売買の範疇なので信用度は?ですが、replyを見ると高評価のようです。確証はありませんが、どうもスペインのXantia Activaクラブの関係者のようです。(activaclub.es) .esはEspana(スペイン)の意味
最後になりますが、ガス充填可能なsphereを使用する主な理由ですが、主に
①ガス圧をカスタマイズすることによる乗り心地のチューニング
②ガスを最充填することによるsphereの再生・再利用による節約
③saucer sphereなど多層膜sphereの旧車へのコンバート
特に③について、ただ単にガス圧を変えて、サスペンション各部位に使用可能にするだけでは不十分でsphereのマウント部分の変換アダプターが必要となります。これは下記サイト(activa-club.fr)で購入可能です。

「https://www.activa-club.fr/ActivaShop/fr/accueil/29-adaptateur-sphere-vers-soucoupe.html」

saucer sphereの旧車用アダプター
saucerタイプのsphere(soucoupe)を旧型sphere対応の旧車に装着するには図のようなアダプターが必須です。

本投稿は特定の会社を宣伝する意図は全くありません。お国柄なのかフランス・イタリア・スペインなど南欧のシトロエンクラブが車維持のための色々なパーツの開発にも関与していたり、その活動からビジネスを立ち上げたりする方もおり、また、それらの便利なグッズが購入可能であるということをシェアしたかったのです。また、参照URLもウイルス対策の一環であえてハイパーリンクにしてありません。文章の誤りや問題点等ございましたら、ご指摘ください。

出典:xantia007.free.fr, tecnosirstore.com, activa-club.fr, clubxantia.es, activaclub.es

ebayの格安サードパーティー製sphereは「買い」なのか?

先ずはaccumulator sphere のダイヤフラムの変遷について調べてみました。(概略)
1.分解式球形:(LHS用:黒、LHM用:緑)、ダイヤフラム:ELASTOMER単層膜、寿命3年
2.溶接一体型球形(D):(1970年GS以降)、ダイヤフラム:DESMOPAN単層膜、寿命60,000kmもしくは3年
3.溶接一体型球形(U):ダイヤフラムがDESMOPAN単層膜からUREPAN単層膜(寿命80,000km~90,000kmもしくは5年)にアップデートされました。球体の頭頂のキャップ部分に刻印U(また製品のパッケージにUREPANと明記されています)で識別、ただし、すべてがUREPANに置き換わったわけではなく、同じ車種の中でもDESMOPANと混用されています。どのsphereがDなのかUなのかは同じ車種でもグレードによって異なるなど複雑です。
4.溶接一体型球形(M):90年代後半(Xantia Activa以降)、ダイヤフラム:NOK製多層膜、寿命150,000kmもしくは10年、刻印3つの窪みマーク(three dimples)で識別、最初はエンジンベイの中のフロントサスでのみ試用、Xantia最終モデルでは色が緑から灰色(通称銀球)になりました。こちらも上記同様UREPANなどの単層膜sphereとの混用で一気にすべてのsphereが多層膜タイプに置き換わったわけではなく、あくまでも部分使用でした。
5.ソーサー型(仏語 soucoupe):1998年XantiaⅡのメインスフィアから採用、ダイヤフラム:NOK製多層膜、寿命は走行距離200,000km

※上記は主にIH8MUD.COMより引用。ただし、これらのライフサイクルは寒冷なヨーロッパの気候を前提にしたものなので昨今の夏の路上温度が40度Cを超える日本では寿命はもっと短いと思われます。

左からUREPAN球、多層膜緑球、多層膜銀球となります。sphere上のペイント文字や刻印には当然のことですが意味があり、それらの解説ページもネット上で散見されます。

問題のNOK製3層構造のダイヤフラムについては中間層がガス不透過性の材質(0.65mmPVAポリビニルアルコール)で周りの2層(nitrileニトリルゴム)が強度を補強する役割を担っています。中間層のPVAはガス不透過性に強い反面、低温時の屈曲性が弱く、低温で割れやすい弱点がありました。そこで最初はエンジンベイの中にあるフロントサスのsphereのみで試用されたようです。後にソーサー型になったのもダイヤフラムの屈曲性の弱さを補うための形状変更であり、これで堅牢性が大幅に向上したそうです。(出典:xantia007.free.fr, frenchcarforum.co.uk)

左はベルギー製のサードパーティーsphere、右はシトロエン純正sphereのカッタウェイです。純正sphereのダイヤフラムが多層構造なのが見えますでしょうか。(出典:frenchcarforum.co.uk)

さて、結論ですが、NOK製多層膜を用いたsphereはシトロエンが特許を持っているのでサードパーティー他社は許諾なしにNOK製多層膜を用いたsphereの製造ができない(もしくはNOKが他社には多層膜を供給できない)と思われます。(特許番号:フランス9514180 米国5992832) よってシトロエン純正とそのセカンドブランドであるEurorepar以外のsphereは単層膜のsphereではないかと思われます。(実際にI.○.○.S.やLIZ○○TEのsphereはUREPAN単層膜使用との情報あり) したがって、寿命は最長でも5年80,000km~90,000km程度と考えるのが妥当だと思われます。それを承知の上で価格の安さに注目して使うのなら「買い」だと思います。フランス本国ではソーサー型sphereや球形の多層膜sphereを旧型シトロエンにコンバートするTIPSをネットにアップしたり、また、ランクルの掲示板ではランクル100系のAHCハイドロニューマチックサスにシトロエンのソーサー型sphereをコンバートするTIPSをアップしたりする方もいて、sphereのディープな世界に興味は尽きません。(出典:Le club de la Xantia Activa, IH8MUD.COM)

Xantia Activa(sphereを10個も使います)への多層膜sphereの置換互換表(実はActivaのsphereには単層膜のものも多く、アダプター(クラブ会員のみ入手可)を介して多層膜sphereを取り付けるTIPSがあるそうです。
ランクル100系のトヨタ純正accumulator sphereです。これをシトロエン純正の多層膜sphereに換装して楽しんでいる猛者がいます。さらに高価なトヨタ純正AHCフルードの代わりにLDSも入れちゃうそうです。思えば、トヨタには過去セリカアクティブスポーツというハイドロニューマチックアクティブサスの車がありましたっけ。

今回、sphereに関する情報はなぜか英語より仏語の方が有用な情報が多かったです。自分の専攻科目がこんな形で生きるとは思いませんでした。さて、sphereの購入のために自分なりに調べたことをまとめてみましたが、間違い等ございましたらご教示ください。謹んで訂正いたします。

フランスの車総合掲示板CARADISIACからの引用ですが、Toutes les soucoupes de marque Citroen ou Eurorepar sont multicouches.とあります。つまり、All of the saucer spheres of Citroen or Eurorepar brand are multi layered.という意味になると思われます。こういった投稿記事がフランス本国のサイトでは見られ、自分の考えの裏付けとなると思っています。

やっとスフィアが来ます!

4月に教えていただき、初めて個人輸入というものをつたない英語を駆使しスフィアを7つ注文しました。待てど在庫切れ待ちの状態から変化がなく一度キャンセルのお伺いをたてたところ、とても丁寧な日本語でお詫びと再度フランスに問い合わせるので、信頼して待って欲しいとの連絡がありました。ここのお店はイギリスなんですが、フランスは商売をやる気がないとしか思えない、頭にくる的なコメントもありました。今日久しぶりに状態をみたら完了になっていたのでやがて来ることでしょう。中々面白い担当の方でまたお世話になると思います。ご教授いただきまして重ねて御礼申し上げます。

さて余談ですが、お茶会の帰りに突然C6のメーターが真っ暗になりました。購入したお店に問い合わせたところ、C6ではよくある故障とのことで、新品交換は20万ほどで日本在庫は不明・・修理したら6~7万程度。しかし工場が一杯でいつ修理できるかわからないと言われました。ここ最近いつ電話しても日時不明の待ちです。。これもまた電装屋さんに直接送れば3万で修理してくれるとの情報をいただき。なんとか壊さずにパネルを開け修理にだしました。

今まであまり手がかからなかったのですが、できる事はなるべく自分でやってみようと思います。手をかけた分答えてくれるでしょう。