DS5

14年間という長きにわたって初期型C5-3Lを愛用してこられたSさんですが、A/Tの故障で一度はO/Hされたものの不調が再発、ついに修理を断念され、なんとDS5へと乗り換えられました。

ちなみに、引退となったC5は2004年型、走行約16万キロとのことで、入退院も多かったけれど寛大なオーナーに愛されて、大往生であったと云えそうです。
(一時期はご夫妻で同型C5の2台体制という時期までありました)

名義変更に同行したので、Sさんのご了解を得て、写真を交えながら私からお伝えすることになりました。

DS5は2015年型、走行わずか6500km(!)という驚きの個体で、DS生誕60年を記念して発売された限定車とのこと。
専用のデカールやシリアルナンバー、エンブレム/ホイールのセンターキャップは金色となり、ボデイはブルーアンクル(フランス語で青いインクの意)という、往年のDSに使われた色が再現されているそうです。

そのコンディションはとても中古車とは思えないもので、室内のボタン類には新車時のビニールの保護シールが付いたままであったりと、よくぞこんなクルマがあったものです。

DSブランドが立ち上がって以降のモデルゆえ、初期型のFグリルにあったダブルシェブロンは廃され、DSブランドとしてフェイスリフトされていますが、すっきりと迷いのない顔立ちになっていてます。
陸事に到着後、他県ナンバーを外して名義変更のスタートですが、クルマとしてはナンバーのない状態というのも悪くないと個人的に思います。

手続きは滞りなく進み、ついに新しい福岡ナンバーを与えられて封印が終わると完了です。
やはりこれをもって車は真の意味で所有者のものとなり、さらに土地にも根付いた感じが一気に強まってくるものですね。

思わず「どこのスポーツカーだろう?」かと言いたくなるような、スタイリッシュな運転席まわり。
各スイッチのデザインや配置、形状などが、隅々までこれでもかとデザインされており、このころからシトロエンが新たな挑戦にも打って出ていたらしいという印象。
レザーシートの編み方、ステッチの色、外観では特徴的なサーベルラインはもちろんアートな雰囲気なホイールの意匠まで、内外のありとあらゆるところがこだわり抜かれているのは呆れるばかり。

どうですか?このサイドビュー。
薄い屋根、短いリアのオーバーハングなど、シトロエンの造形言語が踏襲されていながら、新しい試みもふんだんに取り入れられて、それらが見事に調和しています。
飛行機のような三角窓、リアドア後端でキックアップするあたりはXMを髣髴とさせるものがあり、個人的にはXMのあの先はもうないと思っていたデザインですが、こういう姿へさらに変換されたんだという発見と解釈にも繋がりました。

DSを起点として、贅沢な2ドアクーペのSM、それを基に4ドア化したXM、そしてしばらく置いて突然現れたDS5、その名が暗示していたのか、これらはDSからひとつの造形の系譜として繋がっていることにようやく気いた…といえば、多少こじつけのように聞こえるかもしれませんが、そんなこじつけめいた話が作れるところもシトロエンの世界で遊ぶ楽しみの一つのような気がします。

※C5との付き合いは、一台目から通算すると19年!だそうです。

4月度CCQ関東お茶会/

先週の土曜日に関東お茶会がNaさん、Kさん、Noさんと私の4名により東松山のいっちょうで行われました。

話題は乗り心地の話が多くを占め、KさんのC5iiの悩みについて参加者で色々話している時間が長かったように思います。ハイドロの場合は経年もあって乗り心地に個体差が大きいので、これ、といったものが分かりにくくなっていることがあります。また、仮にディーラーで修理してもらおうにも経験者の減少もありその症状を把握して原因追及してもらえないのが歯がゆいところです。(馬力とかなら測定もできますが、乗り心地は測定できませんし)

その他、Naさんが普段乗りに使用するための車として三菱のiを購入されたそうなのですが、その車探しについてのお話などがあって21:30ごろにお店を後にしました。

お店に入る前と後でNaさんの2CVや、2台のC5iiの乗り比べをしました。2cvについてはNaさん秘伝の調整がされた様で1年ほど前に乗らせていただいた頃よりフラット感が増したように思いました。やはり2cvはいいですね。いつかは所有したいところです。

2台のC5の乗り比べではあれ?と思うほどに2台で違っていてなんとも不思議な感じでした。エンジンをかけた状態でバンパーを押すとNoさんの車のほうが明らかに柔らかいのに試乗すると私の車のほうが柔らかく感じました。これから原因追及されるのでしょうが、なかなか頭が痛いところです。

お茶会の週末は埼玉北部でちょうど桜の散り始めに当たったので、当日の朝、急遽私からお花見を提案しました。当日告知でもあったのでご参加いただけたのはNoさんのみだったのですが、良い天気の下で見渡す限りの桜並木でのんびりとした花見は普段のお茶会とはまた違った雰囲気で良かったです。

YouTubeチャンネルでC5を取材してもらいました

お久しぶりです。既にご覧になったいらっしゃる様ですが、ユーチューブの「Yamate Studio」というチャンネルで私のC5を取材していただきました。昨年9月よりスタートしてまだ間もないためか、取材車両を募集されていたので応募してみた次第です。これまでシトロエン関係ではC5ツアラー1.6とDS7クロスバックが出ており、シトロエン(DS)としては3台目、ハイドロとしては2台目の掲載となりました。

こちらのサイトを運営されている「りきまるさん」はまだ20代半ばとお若いですが、リハーサルなしのぶっつけ本番でちゃんとインプレできるのは大したものだなーと思っていました。また、自らの車の動画を残せる機会というのは意外とないものなので、こうした機会を作ってもらえたことに感謝してます。もしよろしかったらご覧ください。

Xmがやってきた! 後編

前日の夜、友人にXmを横須賀港に運んでもらったのですが、なんと3名で見送りをしてくれました。Xmの前をカングーが、後ろをアバンタイムが、まるでフランス大統領の車列のようです。

この間に、Xmのハンドルを握ったY氏が知らせてくれた気になるところは、以下の3点。
①シフトインジケーターが点いていないので、変速時にシフトポジションが判らない。
②リア足玉がパンクしている。リアアド玉は生きている。
③ガソリンが残りわずか、警告灯が点灯している。
走行に支障があるような不具合は無く、ほっと一安心しました。

近くのGSでガソリンを入れて小倉東インターチェンジへ。市街地を走っていると段差でリアがポンポン跳ねます。レポートにあった通り、リア足玉がパンクしていました。幸いなことに、アド玉は生きているようで、ノーサス状態よりは少しマシですが、もう、笑うしかありません。また、シフトインジケーターが点いていないので、ポジションが判らず、3のまま走っていたり、Nに入って空ぶかししたり、おっかなびっくり。


深夜の高速道路を走っていると、大型トラックがすごい勢いで追い越していきます。休憩のためにパーキングエリアに入っても仮眠しているであろう大型トラックでいっぱいで、普通車のスペースや通路にまで溢れていました。こちらは初見のクルマですから無理をせず、走行車線を制限速度内で淡々と、淡々と走り続けました。

自宅のガレージに着いたのは、午前1時前。
明日、臨時ナンバーを返還して、この楽しい冒険を無事に終えることが出来ます。お手伝いいただいた皆様には深い感謝の念でいっぱいです。(了)

Xmがやってきた! 中編

 2/28の夜に横須賀を出港したフェリーが新門司に到着するのは、2/29の21時です。30分前に到着できるように移動の計画を立てました。公共交通機関を乗り継いで新門司まで行って、Xmを受け取って帰ってきます。移動中の話し相手に妻を連れて行くことにしました。

 出発は朝10時、高速バスで博多に向かいます。バスの終点でちょうど昼時になるので、フレンチの名店ビストロミツを予約しておきました。今回の無駄遣いを快諾?してくれた妻にお礼です。

 お腹も一杯になったところで、博多からJRで門司へ、それからバスで新門司港へ向かいます。

 ここまで来て素通りは出来ないとイデリーノさんにご挨拶。イデオートサービスは、いつも素敵なクルマでいっぱいのお店です。奥では、CXやHYも整備中でした。万が一、トラブルが起こった場合、Xmを預かってもらうつもりです。

 ここでCCQメンバーの大弓くんと合流。軽く中華で腹ごしらえをして、彼のSAAB 9-3で新新門司フェリーターミナルまで送ってもらいました。

 ターミナルに着いて車両受け取りの手続きをして待つこと30分、フェリーが入港して荷下ろしが始まりました。
 しばらくしてヘルメットを渡され、乗船して自分で車を降ろします。ここでXmとの初対面ですが、感傷に浸っている余裕は無く、指示に従って下船していきます。

大弓くんのSAAB9-3と記念撮影の図

ようやく地上に舞い降りた青い宇宙船。
さあ、これから熊本まで200km、深夜のドライブに出発します。(つづく)

Xmがやってきた! エピソード・ゼロ

今をさかのぼること2カ月前、緑Xmの窓が落ちました。Xmあるある、スライダーが割れたのでしょう。Xantiaで散々やった作業なので、手順はよくわかっています。速攻でレギュレーターを取り出してみたら、案の定、スライダーが割れていました。

実はこのスライダー、Xantiaの物と違って、現在、入手不可能らしいです。どんなにネットで探しても出てきませんでした。(情報お持ちの方がいらっしゃいましたらご教授ください。)そんな時、横浜のリュミエールさんが数年前にこのスライダーを交換した記事を見つけて、ダメもとで部品を譲ってもらえないか尋ねてみました。答えはやはり現在は入手不可とのことで、スライダーの購入をあきらめました。

割れたスライダーはPOMで接着が難しい材質です。それでも修理しないわけにはいかないので、破片をクイックウエルドでくっつけて外側を板金で覆って割れないようにしました。これで、落っこちた窓は問題なく開閉できるようになり、修理は完了していました。

数日後、リュミエールさんから電話があり、「中古のレギュレーター一式が手に入りますがいかがですか?近々、一台解体しますので」と。

思わず、「クルマ丸ごと買います!」と言ってしまったワタシです(;^_^A

Xmがやってきた! 前編

ご無沙汰しております。atsucx25です。このたび、縁あってXmを増車しました(;^_^A
ある部品を探していたところ、美しい車両と出会いレスキューしてしまいました。今乗っている緑Xmと色違い、同じ年式仕様です。

出処は横浜で、車検が切れて抹消済みの車両です。熊本までの輸送をどうするか悩んだ挙句、素人が臨時ナンバーで約1,200kmを輸送するという冒険を企てました。

東京在住の友人にXmを受け取ってもらって、横須賀からフェリーに乗せて北九州まで無人航送します。フェリーの到着に合わせて新門司港まで引き取りに行き、熊本まで乗って帰るという作戦です。

事前にこちらで臨時ナンバーを取得して東京の友人に送りますが、使用できる期間は5日間です。トラブル無く襷を繋がないとタイムオーバーです。不測の事態に備えて、路上でも修理できるように工具や部品も一緒に送って車両に積み込んでもらいました。

冒険は2/28にスタート。友人がXmを受け取り横須賀へ向かいます。この友人は、元Xm・現C6乗りで、途中クルマの状態を的確にレポートしてくれて、北九州~熊本間の走行に備えて情報をインプットしていきます。予定通り、横須賀港でフェリーに乗せてこの日のミッションは無事終了。翌日の夜に新門司フェリーターミナルに到着です。(つづく)

四国巡礼

2月の後半、たまたま友人と都合がついたので、四国を中心とした周遊にでかけました。
C5エアクロスでは長距離旅行を未だ果たせていなかったこともあって、急に思い立ちました。

コースは、おおまかなポイントでいうと次の通り
▶福岡→日田→由布院→別府→大分→佐賀関→(フェリー)→三崎→八幡浜→四万十→久礼→横浪半島→桂浜→高知→大歩危小歩危→新居浜→別子銅山→今治→しまなみ海道→尾道→広島→錦帯橋→下関→北九州→福岡

燃費が良いとされるディーゼルですが、実際どれくらい無給油で走れるかも注目でしたが、上記のコースでいうと終盤の広島までとくに不安もなく走ることができました。広島市内のスタンドまでの走行距離は830km、入った軽油は45.5Lでしたから、18.24km/Lという予想以上の結果となりました。
〜というのも、この830kmの内訳はありきたりな一般道と、広大な四万十エリア等を中心とした、うんざりするほど続く山間道が大半を占め、しかも燃費を意識した運転ではなかったからです。低燃費に貢献したであろう区間は高知から断片的に使った高速と、しまなみ海道の合わせてわずか100kmほどで、かなりの渋滞なども含んでいます。

もし高速道路を淡々と走れば、20km/L以上は確実な気配で、これなら無給油で東京まで行けるかも?と思いましたが、燃料タンクは52Lということを(今ごろ!)知りました。
実は今回の走り方では、15km/Lぐらいでタンクは60Lぐらいと踏んでいました。
Xmのころ、表向き90Lとされていたタンクは、実は100L入るとも言われていたことを思い出すと、隔世の感があります。

ちなみに、できるだけ高速を避けるのは、一般道でこそ普段目にすることのない珍しい景色や土地柄に触れられるところが面白いからで、これこそクルマの旅の醍醐味だと思っています。べつに意地を張って高速を避けているわけではないので、高速に乗ったほうがいいと判断した場合は迷わず乗ります。

映画翻訳家の戸田奈津子さんも、お若い頃からクルマの旅が好きですいぶん周られたらしく「高速乗っちゃダメよ」と仰っていましたから、膝を打つ思いでした。

途中、せっかくならご挨拶したい方もありましたが、なにしろ行きあたりばったりの旅ゆえ、失礼して素通りとなりました。
たまたまかもしれませんが、四国では一台もシトロエンを見かけることはありませんでした。
3泊4日、全走行距離1132km。

ついでに写真をご紹介。

↑ 初日は由布院の雄大な景色を堪能しながら別府〜大分へ。大分の佐賀関からフェリーで愛媛の三崎港へは約1時間の船旅。昼前、八幡浜の道の駅で1000円とは思えぬ海鮮丼を食べ、いざ四万十エリアを目指す。名にし負う四万十川の勇姿はもとより、四方を幾重にも取り囲む無数の山々の連なりにも驚かされる。これが延々数時間に及ぶのは、さすがに身にこたえてくるが、道の駅で小休止を挟みつつ、走りに走る。

↑ ようやく太平洋側に出たものの、長大な山間路走破に時間を費やし、新鮮な魚介類が食べられるという久礼大正町市場は到着したのが閉場5分前で惜しくも時間切れ。あきらめて高知へに向かいつつ、切り立った海岸の尾根沿いに延びる横浪半島のルートを走る。眼下に猛々しい断崖絶壁がいくつも現れては消え、その向こうは広大な太平洋が果てしもなく広がる光景が圧巻。司馬遼太郎が土佐人はいつも太平洋を見ているから考えの単位が違うというようなことが書かれていたのを納得する。夜は有名なひろめ市場で夕食としたが、様々な店がひしめきあって活気にあふれていたが、やや観光地化している印象も。

↑ 高知から北上し、徳島県山間部に位置する大渓谷、大歩危小歩危へ。スケールの大きさ、ゾッとするような深い緑をたたえる吉野川と、峻険な岩肌迫る周辺の景色に息を呑む。別子銅山、今治を経てしまなみ海道へ。しまなみは実は二度目だが、前回は雨と霧でなにも見えずただの有料道路だったから、今回はじめてその景色を目にする。今治〜尾道を60kmにわたり、島から島を飛び石のように橋と道で繋いで本州と四国を道路化するという壮大なルートで、その大構想が実現し運用されていることに圧倒される。瀬戸内の海と島々が織りなす美しい景色のめくるめく回廊は一見の価値あり。

追記;NEXCOが発行する無料地図は、結局これが最も使いやすく、ガイド本などよりよほど重宝します。
あんまり何度も畳む/広げるを繰り返すので、ついには折り目があちこち破れはじめ、帰りの山陽道SAで新しいのをもらったところ、ウラ面はなんと「DIXCEL-M」の広告で、エエエ!という感じでびっくりしました。
「止めるはディクセル スゴ止 ぴた止 綺麗」というコピーも笑えます。
そのDIXCEL-Mは、山坂を多く含む1000km以上を駆けまわってもダストの汚れはほぼ見当たらないのは見上げたものです。